料理リレー『鶏肉と舞茸のラグー』

ご訪問ありがとうございます。
Atelier Platine主宰
野菜ソムリエプロ・フードコーディネーターの
Tomomiです。
もーーーー大変なことになってしまいましたね。
我が家は自宅が駅の近くにあるので
とにかく人が多い。
スーパーも駅に電車が到着すると
そのまま入店〜な感じなので
とにかく外に出ないし、出たくない。
元からローリングストック癖があるので
食べるものに困ることはありませんが
栄養面で考えるとやはり
まだ出来る範囲で
なんとかしたいですよね。
お味も然り。
そんな時に素晴らしい企画に参加させて頂きました。
その名も「料理リレー」✨

料理リレーとは?

 
料理家の脇雅世先生が
発起人となってスタートした「
#料理リレー
 
緊急事態宣言が発令され
これからますます家で過ごす時間が増えていく中
家にある材料で簡単にできるお料理レシピを
料理家が紹介していくリレー形式の企画です。

・・・・・・・・・・・・・・・

もうすでに全国の、また海外の料理家さんたち
シェフたちが賛同されて、惜しげも無くレシピや
写真・動画を投稿されています。
もうこれだけでも料理本が何冊も出来てしまいそう♪

バトンを渡してくれた料理家さん

 
私にバトンを渡してくださったのは
野菜ソムリエプロ同期・世田谷で
天然酵母パン教室Lumiasを主宰する
親愛なる岡本まどか
 (Madoka Okamoto)先生です。 

世田谷区 天然酵母のパン教室 Lumias

 
まどか先生のパンの作り方は
私も色々とパンの勉強をしましたが
目から鱗!
特に酵母とパンをお友達にする
過程に驚きました。
今、無料でお花パンの作り方の
動画をアップしてくださっていますので
チェックしてみてくださいね🍞

バトンを受け取った私のレシピは…

私が今回ご紹介したのは
 
【鶏肉と舞茸のラグー】
 
昔から煮込み料理が大好きな私。
その中でもこの鶏肉のラグーは
筋取りなどの鶏肉の下処理を丁寧にすると
上品な味に仕上がります。
お好きなハーブを入れて煮込むと
さらに複雑な味わいと香りのラグーになります。
パスタのタリアテッレと合わせる頂き方が一般ですが
ラグーそのものを楽しむのも良いでしょう。

舞茸の保存方法

 
舞茸などのきのこ類はなかなか
買い物に行けない時の強い味方です。
舞茸の場合、洗わずにそのまま手で小房にほぐし
冷凍用保存袋に入れ密封してそのまま冷凍庫へ。
約一ヶ月保存可能と言われています。
とても簡単ですよね。
冷凍して細胞が壊れると
旨み成分を作り出す酵素がすぐに働きだして
グアニル酸、グルタミン酸、アスパラギン酸などの
アミノ酸が生キノコの約3倍に増えて
旨みも栄養価も高まると言われています。
それというのもキノコの旨み成分である『グアニル酸』は
キノコの細胞が壊れた状態で初めて出てくるからです。
細胞を壊すには手軽な冷凍がおすすめです。
 
📖レシピはこちらからご覧いただけます。
 
****************
 

【メイン材料3つで鶏肉と舞茸のラグー】

 

 
【材料】2人前
鶏もも肉 2枚(約450g)
舞茸 1パック(100g)
玉ねぎ 1個(300g)
にんにく 1片
白ワイン 150ml
ブイヨン 400ml
EXVオリーブオイル 大さじ1
塩・黒胡椒 各適量
もしもあったら
 ローレル 1枚 もしくはブーケガルニ
タイム 2本(飾り用素揚げ)
(お好きなハーブ類で)
 
【手順】
1 鶏肉は下処理を済ませ、塩胡椒をして
フライパンにExvオリーブオイル(分量外)で
皮目をパリッと焼く。
2 舞茸は手で小房にほぐす。
ニンニクは半分にカットして芯を取り出し
包丁の腹で潰す。
玉ねぎは1センチ幅のくし形にカットする。
3 別の鍋にEXVオリーブオイルと
にんにくを入れ火にかける。
オイルに香りがうつったらにんにくを取り出し
玉ねぎを加え甘みが出るまで炒める。
舞茸も香りよく炒める。
4 1の鶏肉から出た余分な脂を
ペーパーで拭き取ってから
白ワインを入れてアルコールを飛ばし
少し煮詰める。
5 3の鍋4の鶏肉と肉汁、ブイヨンと
ローレルやブーケガルニなどのハーブを入れて
弱火で30分ほど煮込む。
6 十分に煮詰めてから鶏肉を取り出し
フォークで細かく裂いてから5に戻す。
7 器に盛り付け
(あったら素揚げしたタイムを飾り)完成。
*******

次のバトンを受け取ってくれた料理家さんご紹介

著書に「かわいいイタリアン」をお持ちで
白金台の素晴らしい邸宅でイタリア料理教室「caco」を
されている、大好きな友人でもあり、目指す女性でもある
小嶋賀子(
Kako Kojima )さん。
 
・野菜ソムリエでうなぎやさん。
カメラマンでもありIT分野も網羅するプロ
「蕨東口すがや」の三代目
石上晶太
 (Shota Ishigami))さんです。
↑こちらは鰻屋さんの方
↑こちらはweb関係。
私のこのHPも石上さんが
管理してくれています。
お二人のお料理もとても楽しみ♪
どうぞよろしくお願い致します。
***************
いかがでしたでしょうか?
まだまだ続く、おこもり生活。
買い物に行く回数を減らし
家のストックでまわしながら
美味しく楽しく過ごせますように…
Atelier Platine
Tomomi
 
#うちで過ごそう
#stayhome
#料理リレー
#cookingrelay
Instagramでもご紹介
atelierplatine123
↑こちらは趣味pic

関連記事はこちら

サミットストア様春レシピ冊子掲載

↑こちらはまだレシピは冊子の中のまま
もう公開して良いのかしら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。