カラフル大根ブーケサラダ

ご訪問ありがとうございます。

野菜ソムリエプロ
おもてなし料理教室
Atelier Platine 主宰
Tomomi です。

いきなりですが
こちらはなんでしょう?

 

一見 お花に見えるかな?
と、思いますが
なんとこちらは
「根菜」なのです。
大根とかぶで作った
ブーケサラダです。

横から見たらこんな感じ。
こちらから見ると
大根感満載かもしれませんね。

今回、このようなサラダブーケを
作ろうかと思ったかと言うと

こんな素晴らしいお野菜が
届いたからです!

神尾ファームさんのお野菜です。

野菜ソムリエファーマーズコミュニティ

こちらから購入しました♪
完売していたらすみません(2021.1.22現在)

ブーケサラダに使用した根菜

 

紅くるり大根
瑞々しさと柔らかさを持っている
アントシアニン豊富な大根です。

ビタミン大根
ビタミン豊富に含まれている大根です。
白と緑のコントラストが美しく
水分が少ないのが特徴です。

 

京むらさき大根
歯ざわりの良い食感で
辛みよりも甘みがあります。

赤カブ
加熱することによりぐっと甘みが出ます。

…大根サラダと言えない原因がこれ。
根菜ブーケが正しいのですが。
まあ〜いちいち気にしないw

そして今回のブーケサラダには
使わなかったけれど
神尾ファームさんのセットに
入っていた、大好きな

アレッタ
ブロッコリーとケールの掛け合わせです。
栄養価もすぐれています。

(神尾ファームさんのお手紙より抜粋)

 

カラフル大根ブーケサラダの作り方(ざくっと)

 

 

 

 

本来なら詳しく書きたいところなのですが
実はずっとこのサラダに憧れていたのです。

 

杉浦仁志シェフ公式ホームページ

 

尊敬する杉浦シェフが
ベジタリアン アワード2019”で
料理人賞を受賞した時のお料理

 

料理名

chef Hitoshi Sugiura監修
「Mazzolino」

のレシピを参考に
作ったものなのです。

それを転載するわけにも
いかないので
ザクッと構成だけ説明します。

 

中が水切り豆腐

周りが大根の薄切りくるりん

 

もちろん本当のレシピは
細かく丁寧に記してあり
それをしっかり再現した…と
言いたいところですが

今回の大根は皮が綺麗でね
パイピングされている感じ。本来のレシピなら
全てのサイズを統一して
巻きも1周だけなのですが
私のは皮を活かすために
サイズはバラバラ。
大きさ合わせるために
巻きが二重のところもあり。

でも中の豆腐の味付けは
しっかりと守り
本当に美味しいサラダに
なりました。
もちろん大根も美味しくないと
出来ないサラダです。
えぐみ全くなし!
神尾ファームさん、
最高の大根を
ありがとうございました╰(*´︶`*)╯♡

その前の構想として

 

一昨年だったかな?
クリスマス時期に
帝国ホテル東京の嘉門に
お邪魔した時の
季節のロビー装花が
こちらでした。

本当に圧巻でね。
このフラワーアレンジメントを
どうにか作りたいと思って
考えた末 昨年の春に
作り上げたものが
こちら!!!

 

単にドーム型の薔薇ってところだけ
同じで、風格が違いすぎw

最初はアーティフシャルフラワーの
真っ赤な薔薇だけで
作っていたのですが

なんかこの真紅の薔薇の
アレンジメントは
帝国ホテルだから
映えることに気がついたわけで。

自宅に置いてあったら
なんかここだけ浮くわー(涙)
な結果…

春のバラ祭りみたいな
爽やかなドームアレンジメントが
出来上がりました✨

これはこれで色合いといい
本当にお気に入り❤️
アクセントにパールを
差し込んでみたりして。

だから今回の大根アレンジメントと
コラボするとこうなります。

 

 

どっちがお花か大根か
わかんなーい!
…わかるね╰(*´︶`*)╯♡
白で作ると花嫁さんのブーケに
なりますよ。
こちらは数年前のもの。
豚バラと大根のバラ鍋!

ぜひお試しくださいね♪

Atelier Platine
Tomomi
この記事も良く読まれています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。