<レシピ付き>全粒粉手作りピザ かほくバージョンその1

ご訪問ありがとうございます。

季節のおもてなし料理教室
Atelier Platine主宰
フードコーディネーターの
Tomomiです。

今日は全粒粉のピザ生地の
レシピを掲載!
(かなり珍しい行動だw)

色々なご縁がありまして
昨年末より三軒茶屋にあります
「かほくらし」と一緒に
お仕事をしております。

かほくらし

こちらが山形県河北町の
アンテナショップ
「かほくらし」
三軒茶屋の駅のそばにあります。
https://kahokurashi.com

かほくらし、そして河北町については
また次のブログにて🍒
今回は かほくらしで購入した
食材で作った「かほくピザ」を
作るまでの工程。
(結果的にその1に
なってしまいましたT^T)

ピザ生地は第二次発酵をしないため
パン生地よりは短時間で出来ます。

が、することはほとんど同じ。
やっぱり時間はかかる。
最初は生地をこねる台も綺麗にしてー
あれもこれも用意してー

となりますが一度作ってしまえば
あとはもう楽チン。
もうその道具はパンセットとして
ひとまとめにしておけば
次の時はそれだけを取り出せば
良いわけです。
(とは言ってもやはりめんどくさいかも)

しかしこの全粒粉を見たら
作りたくなるのが食いしん坊。

今回はざっくりと生地の作り方を
まとめておきますね。

全粒粉でピザ生地!ざっくりな作り方

 

<材料> 目安約18センチ4枚分
全粒粉(ピザが作れる粉) 300g
ドライイースト 6g
砂糖 6g
塩 6g
水(40℃位のぬるま湯) 200ml
EXVオリーブオイル 大さじ2と少々
打ち粉 少々

<作り方>
1 ボールに全粒粉、ドライイーストと砂糖
離れたところに塩を入れる。
ぬるま湯を加えたら、ヘラで混ぜる。
全体に水分が行き渡ったら
手でボウルの中で生地をひとかたまりにする。
ある程度混ぜているうちに次第にまとまってくるので
最初のベタベタは気持ちで乗り越えて。
粉っぽさがなくなればOK。

2 生地がまとまったら台に出し
たたきつけたり、手でのばしたりして
なめらかになるまで生地をこねる。
(捏ね方は人それぞれなので割愛)
ボールは洗いに出さないで。まだ使いますよ。

3 1のボールに生地を広げた状態で
オリーブオイルを2回に分けて加える。
1回目に大さじ1を入れて揉み込み
まだまとまらないうちに2回目を投入。
オイルが出てきてぐちゃぐちゃになり
泣きたくなるかもしれないけれど
いつかきっとまとまるのでよくもみ込む。
スケッパーでボールに付いたものをを
とりながら生地に戻していきましょう。

4 何となくまとまったら、また台に出して
キメが細かくなるまでよくこねる。
最後は生地が張るようにひとまとめにして
反対側はつまんで閉じる。
引き丸めが出来る人は引き丸めで。
私は下の※印の方法で。

(※片方の手のひらに生地をのせ
頭頂部を優しくもう片方の手で包み
「おりこうさん」と撫でるように
生地を張らしながら
持っている方の手の中に
滑り込ませる感じを一周)
ひどい説明w

4 まるくまとめた生地は
つまんだ方を下にして再び1のボールに戻す。
ボールは、オリーブオイルを混ぜ込んだものを
そのまま使えば洗い物も減るし
発酵させる生地がくっつきにくいので
そのまま使いましょう。
ボールにラップをして発酵器で30分。

発酵の方法
・もし発酵器がなかったらオーブン機能の「発酵」で。
・それもなかったら生地を入れたボールより
大きいボールに40℃前後のお湯を入れ
生地のボールを浮かべることも。
(水が入らないように注意)
・ご飯作り中ならその温度帯の
火事にならない場所に置いておくのも。
・何なら座ってボールを膝の上に置いて
ブランケットをかけて30分テレビを観るものアリ。

生地が2倍にふくらむくらいを目安に。
気温や季節によって時間は変わりまーす。
生地は生き物です(気持ち悪いね、言い方が)

**********
ここまではホームベーカリーやニーダーで
出来ますので、お持ちの方は
材料全部入れてスイッチオンで5にいけます。
世の中が便利すぎるー!
***********

5 発酵したかどうかのフィンガーテスト!
人差し指にかるく粉をまぶし、生地にブスッとさします。
指を抜いたとき、穴が小さくならないようならオッケー。
穴がすぐふさがるようなら発酵不足なので
もう少し発酵させましょう。

6 発酵が成功したら、台に生地を出し
綴じ目を上にして軽く手で押してガス抜きをする。
スケッパーで生地を4等分します。
4つがなるべく同じ大きさになるように。
私は計量しちゃう派です。
(この時は1個150gくらいになりました。あくまで目安で)
切り口を中に包むように※の丸め方をして
ベンチタイムに入ります。

7 ベンチタイム15分。

・丁寧な方法:台の上に丸い生地を4つ並べ
その上から濡れた布巾、さらにその上に
キャンバスマットを載せて15分。

・簡単な方法:台の上に丸い生地を4つ並べ
周りがはみ出ないように大きめにふわっと
ラップをかけて15分←最近の私の方法。
良いか悪いかはわからないけど楽チンです。

8 ベンチタイム終了後、生地を麺棒でピザの形にします。
(この辺りでオーブンの予熱230℃でスタート)
トースターで焼きたい人は、そのサイズに入る長方形に。
丸くしたい人は頑張って!
ナンみたいな形でも。好きな形と厚さで。
打ち粉を使いながらくっつかないように。
失敗しても具が上に乗るから泣かないで!

9 生地がふくれてしまわないよう
フォークで15〜16か所に空気穴をグサグサ
あけておきましょう。そして小さじ1の
オリーブオイルを生地全体にぬり
トマトソースやら、チーズやら
のせたいものをのせましょう。



10 予熱完了230℃のオーブンで10分間
生地が色づくまで焼きます。
取り出したら、火を入れたくなかった
野菜などを飾って完成です!

<ポイント>
・意外にピザ生地は強い?
3のあたりで水分多過ぎた?と思ったら粉を足しても。
逆にパサパサ?と思ったらチョピっと
水を足しても何とかなります。
・今回は全粒粉での分量でした。
実際は打ち粉をしなくても全然くっつかない
かなりベストば状態で作れたと思います。
パン生地は温度・湿度・手の熱さによっても
変わりますので「生地とお友達」に
なってほしいと思います。(さらにキモい)
・オーブンもトースターも各家庭で全く違うので
ここに記載されているのは基本目安。
家電製品とも仲良くなると、失敗が減るかもしれません。

これはかほくピザではなく
定番マルゲリータ🇮🇹

…長くなっちゃったから
今日はピザの作り方だけ🍕
工程写真がないのは
この手でカメラを
触りたくなかったから
(スミマセン)
かほくピザにたどり着くのはまた次に!

Atelier Platine
Tomomi

続きはこちら!↓
<レシピ付き>全粒粉手作りピザ かほくバージョンその2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。