オシャレを演出!ラグートカシスミルク

ご訪問ありがとうございます。

野菜ソムリエプロの
簡単おもてなし料理教室
Atelier Platine主宰
Tomomiです

引き続き「ラグート」のご紹介!

「ラグート カシス」
「ラグート ピーチ」を
モニタープレゼントして頂きました。

 

ラグートカシス

 

詳細はこちら↓

サントリー ラグートHP

「サントリー× @foodietable.jp 」の
モニターコラボ広告企画に参加しております。

marimoさん、yuka*cmさんのおしゃれなドリンク・スイーツは必見♪

 

このご時世、ノンアルコールのカクテルや
デザートがカフェやレストランのメニューに
増えてきたことはポジティブに考えると
ありがたいことです。

せっかくですのでアルコールが入っていて
飲めなかったカクテルやデザートを
今は楽しむのもアリかもしれません。

今回ご紹介するのは飲み物!
なんとカクテルでも有名な
「カシスミルク」

それをラグートカシスで作ると
ノンアルコールのオシャレカクテル
いわゆる「モクテル」になります。

 

オシャレすぎる!!!
でも…一般的なカシスミルクの
グラスと違いますね。

普通にタンブラーでカシスミルクを作ると
ノンアルしか飲めないけれど
かっこよく飲んでみたい願望を持つ者としては
いつも飲む「お子様フルーツ牛乳」に
見えてしまうのですよ。

もっとわかりやすく言うと
見た目「いちご牛乳」みたいな感じです(涙)

実際、中身は変わらないのですが
せっかくなので、無理矢理オシャレに
カクテルグラスで作ってみましょう!

 

オシャレを演出!ラグートカシスミルク

 

<材料>1人分

Aラグートカシス 15ml
牛乳 75ml
氷 2−3個

ブルーベリー 3個(ガーニッシュとして)

<前準備>

・全ての器と材料をあらかじめ冷やしておきます

<作り方>

シェーカーにAを入れ、ステアし
カクテルグラスに注ぎ
ブルーベリーのガーニッシュを添える。

→これがカッコイイ作り方なのかしら???

<実際の私の作り方>

1 蓋付きの筒にAの材料を入れ、思いっきり
シャカシャカするします。

2 プロテインみたいに泡立っているので
まずはスプーンで氷を外し
茶漉しを通してカクテルグラスに注ぎます。

3 ブルーベリーを刺したピックを乗せて完成!

→作る姿はダサいけど、飲むときの見た目は
まさにオシャレなカシスミルク❤️
酔えないですけど、なんか嬉しいものです。

もっと量を飲みたい時は

普通にロングのタンブラーで氷を入れて
ラグートカシスを入れて、牛乳を入れて
長いスプーンですくい上げるように
混ぜ混ぜしましょう。
→これが本物の「カシスミルク」の
作り方ですね。

 

結論

 

中身は同じでも、見た目だけでも
背伸びしたい時がある

…いちご牛乳じゃないからねーw


Atelier Platine

Tomomi

こちらの記事も読まれています

ラグートカシスで簡単紫陽花の和菓子

ラグートカシスって
万能すぎるー♪( ´▽`)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。