寒い冬に!クローブ香るポークの煮込み

ご訪問ありがとうございます。

野菜ソムリエプロの
簡単おもてなし料理教室
Atelier Platine主宰
Tomomiです

今回はスパイスアンバサダーとしての
投稿です。

テーマはこちら!

世界のパーティーメニュー ヨーロッパ編

 

世界のパーティーレシピ

世界のパーティーメニューヨーロッパ編

です。

そして今回のメインスパイスはこちら!

CLOVE(クローブ)です T

 

CLOVE(クローブ)とは

 

チョウジ丁子丁字)またはクローブ: Clove)は
フトモモ科の樹木チョウジノキの香りのよいである。
原産地はインドネシアモルッカ群島であり[3]
香辛料として一般的に使われるほか、生薬としても使われる。
漢名に従って丁香(ちょうこう)とも呼ばれる。

チョウジの花蕾はに似た形、また乾燥させたものは
錆びた古釘のような色をしており、中国では
紀元前3世紀に口臭を消すのに用いられ
「釘子(テインツ)」の名を略してと同義の
「丁」の字を使って「丁子」の字があてられ
呉音で「チャウジ」と発音したことから、
日本ではチョウジ和名がつけられた[4]
フランス語で釘を意味するクル から、
仏名で「クル・ド・ジローフル」  と呼ばれ、
英語名でこれが「クロウジローフル」
(clow of gilofer)となり
略されて「クローブ」 (Clove) になった。
日本における植物和名チョウジノキ[1][4]
非常に強い香気を持っているので
百里香という別名もある。
(Wikipediaより)

 

クローブとの出会い

 

私が最初にクローブを認識したのは
料理ではなくクリスマスの飾りとして。
海外赴任を終えたお家に子供の頃
お邪魔した時…

オレンジにグサグサ刺さるクギ?
なんのおまじないかと思った。
(呪いの00的なw)
正直、ステキというより子供ながらに
怖いとしか思えなかったですね。

ポマーボールと聞いた気がしたのですが
検索してみるとフルーツポマンダーと
呼ばれている様です。

フルーツポマンダーとは

 

 

西洋に伝わるクリスマスの風物詩として
“フルーツポマンダー”があります。
フルーツポマンダーは、いわば香りの魔除け。
作り方は至って簡単で、オレンジなどの
フルーツにクローブを刺し
シナモンパウダーをまぶして乾燥させるだけです。
【enherbHPより】

そんなクローブとの微妙な出会いでの
クリスマス会。
その時に出たお料理を再現致しました。

…豚肉の塊にもクローブが刺さって
いたのがとても印象的でした。

 

寒い冬に!クローブ香るポークの煮込み

 

 

<材料>

豚ロース肉(ブロック)250g
玉ねぎ 1/2個(5mm幅にスライス)
GABANクローブ 4粒
白ワイン 40ml
ブイヨン 1g
水 100g
バター 10g
Exvオリーブオイル 大さじ1
小麦粉   大さじ1
塩 小さじ1/2
GABANブラックペパー 小さじ1/4
お好みでイタリアンパセリ

<作り方>
1 豚肉に塩、胡椒、薄力粉を全体にしっかりまぶす。
クローブを肉に4カ所離して挿し込む。

2 鍋にオリーブオイルを中火で熱し1を入れ
六面しっかりと焼き色をつける。肉を一度取り出す。

3 余分な油をペーパーで取り、同じ鍋で玉ねぎを中火で炒める。
(玉ねぎで鍋底についた肉の旨みをこそげおとすイメージ)

4 3に豚肉を戻し玉ねぎと合わせ、白ワインを入れてアルコール分を飛ばす。

5 ブイヨンと水を入れて蓋をして弱火で15分ほど煮込む。

6 肉を取り出しクローブを抜き、アルミホイルで5分ほど包む。
1cmの厚さにカットする。

7 鍋の汁はとろみがつくまで煮詰めてソースにする。

8 皿に6を盛り付け、ソースをかけ、玉ねぎをのせ
お好みでイタリアンパセリなどを飾る。

 

スタイリングによっては
お正月料理にも合いますよ。

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?
クローブを入れると
鼻を抜けるスッとする香りを
楽しめます。
是非トライしてみてください。

 

Atelier Platine
Tomomi

こちらも読まれています

12月クリスマスレッスン公募は2日間だけ…

ニューオリンズ出身先生直伝!本場のケイジャンチキン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。