香りも彩りも豊か!簡単チキンココナッツカレー

ご訪問ありがとうございます。

野菜ソムリエプロの
簡単おもてなし料理教室
Atelier Platine主宰
Tomoです

引き続きスパイスアンバサダー
としての投稿です。

「ハウス食品×レシピブログ」の
モニターコラボ広告企画に
参加しております。

 


「GABAN(R)で作るスパイスカレーレシピコンテスト」

 

毎回、モニタープレゼントされた
「スパイス」を使ってテーマに沿った
レシピをアップしています。

今回もスパイスで作るカレー!
大好きー!スパイスカレー❤️

と言っても辛いものが少々
苦手な私。

なんだかんだでマイルドな
スパイスカレーを
作ってしまいます。

前回のパラクパニール(インド風ほうれん草とチーズのカレー)
と同じくらい好きなカレー。

こちらを使います。

ココナッツ〜♪

 

香りも彩りも豊か!簡単チキンココナッツカレー

 

 

<材料>2人分

鶏手羽元肉 600g

■鶏肉マリネのスパイス
A  GABANクミン<パウダー> 小さじ1
A  GABANカルダモン<パウダー> 小さじ1
A  GABANレッドペパー<パウダー> 小さじ1
A  GABANターメリック<パウダー> 小さじ1
A  GABANブラックペパー 小さじ1

■カレーベースのスパイス
B ハウス特選本香り<生にんにく> 小さじ1
B ハウス特選本香り<生しょうが> 小さじ1
B GABANカルダモン<ホール> 3個
B GABANクローブ<ホール> 2個

玉ねぎ 1個(みじん切り)170g
トマト 1個(皮を湯剥きしてざく切り)200g
GABANシナモンスティック 1/2個
GABANローリエ 1枚
ココナッツミルク 200㎖
水 100㎖
米油 大さじ1
塩 ブラックペパー お好みで

■トッピング
お好みの旬野菜の素揚げ 200g

<前準備>

・鶏手羽元肉はAの材料でマリネして
一晩冷蔵庫に入れておく。
(最低2時間以上)

 

・作る前に玉ねぎとトマトをカットしておく。

<作り方>
1 鍋に米油とカレーベースのスパイスBを入れ
よく混ぜてペースト状にしてから点火。
中火で炒め、香りが立ってきたら玉ねぎを入れる。

2 玉ねぎがしんなりしたら、トマトを入れ
1と馴染んだら中強火にしてマリネした
鶏肉を入れ5分ほど一緒に炒める。

3 水を加え、ローリエとシナモンを入れ
蓋をして弱火で10分煮込む。
(焦げないように注意。数回かき混ぜる。)

4 ココナッツミルクを加えて、中火で10分煮込む。
シナモン、ローリエ、カルダモン、クローブを取り出す。
塩、ブラックペパーで味をととのえる。

5 旬野菜を180℃で1−2分素揚げする。
カレーを器に盛り付けた後素揚げした野菜を
トッピングして完成。

 <ポイント>
・肉にスパイスを漬け込むときはポリ袋に
肉とスパイスを入れて、十分揉み込んでから
冷蔵庫に入れておくと、手が汚れず
まんべんなく染み込みます。

・私個人としては食べにくいですが
骨付きのお肉がおすすめです。
骨の髄から出る旨味で
美味しくなる気がします。

・何種類ものスパイスが鼻腔と
舌を刺激します。
が、そんなに辛くはありません。

・トッピングの野菜の素揚げは
しっかりと油を切って
熱いうちに添えてください。

今回は
・レンコン(パリパリ食感)
・オクラ(ネトネト食感)
・赤パプリカ(シャキシャキ食感)
にしました。
ナスもおすすめです。

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

スパイスさえあれば
家で本格的なカレーが
作れるなんて!

今は比較的色々なスパイスが
手に入りやすく、店舗によっては
ずらっと並ぶスパイスの瓶を
見かけるようになりましたね。

また自分で作れば好みの味に
スパイスの量を調整出来るので
どんどんハマっていきます。

いつも辛い!美味しい!で
舌をヒリヒリさせている私にとっては
ちょうど良い辛さで
美味しいを堪能出来るので
とてもありがたいです。

スパイス最高❤️

Atelier Platine
Tomo

 

こちらも読まれています

パラクパニール(インド風ほうれん草とチーズのカレー)

こちらも私の大好きスパイスカレー。

 

簡単前菜!ビネ果を使って金柑とモッツアレラのマリネ


自分のお好みの調味料と出会うと
世界が一気に広がりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。