パラクパニール(インド風ほうれん草とチーズのカレー)

ご訪問ありがとうございます。

野菜ソムリエプロの
簡単おもてなし料理教室
Atelier Platine主宰
Tomomiです

今年も引き続きスパイスアンバサダーに
選んでいただきました!

いつも期限ギリギリの投稿でしたが
今年はなるべく真ん中あたりで
投稿したいと思っております。
(夏休みの宿題の目標を決める
夏休み直前の子供みたい。
結果的に最終日に必死な感じに
なりそうだ)

さて、先日、今年度の相棒スパイスたちが
届きました〜!

毎回のことながら
このように並べるとテンションが
上がります(*´∇`*)

 

スパイスアンバサダーとしての
今年度初の投稿はこちら!

「ハウス食品×レシピブログ」の
モニターコラボ広告企画に参加中♪

 


「GABAN(R)で作るスパイスカレーレシピコンテスト」

 

毎回、モニタープレゼントされた
「スパイス」を使ってテーマに沿った
レシピをアップしています。

今回はスパイスで作るカレー!
大好きー!スパイスカレー❤️

で、何を作ろうかなーと
悩むわけですが

やはりここは野菜ソムリエプロとして
野菜メインのカレーでしょ♪

ということで

ほうれん草とチーズのカレー
「パラクパニール」を
ご紹介しようとおもいます。

 

パラクパニールとは?

 

ザクパニールとも呼ばれる
インド北西部パンジャブ州発祥の
辛さ控えめな美味しいベジタリアン料理。
パラクはほうれん草
パニールはチーズの意味です。
(e-food,jp HPより)

まさに野菜ソムリエ的カレー♪( ´▽`)

 

パラク

 

こちらが「パラク」
ほうれんそうですね。

 

ほうれん草はきれいな色を出すため
重曹を入れる方法もありますが
私は塩で茹でて
急冷する方法をとっています。

今回は上記の方法で茹で
5cmくらいの長さにカット
しておきます。

パニール

パニールはチーズの種類。

 

水牛牛乳を温め、
レモンまたはライムの汁、など
酸性の液体でタンパク質および脂肪分を
凝固させて乳清から分離したカッテージチーズ
インドなど南アジア諸国ではチェナーと呼び
それを押し固めたものがパニールである。
外見は豆腐に似ている。
チェナーはパニールにするほか
練って菓子ラスグッラー英語版)など)
などにも用いる。(Wikipediaより)

パニール…お店でなかなか売っていないから
手作りしても良いのですが
これまた前日から水分を抜いて
豆腐みたいに固めないといけないので
私は毎回「出来立てカッテージチーズ」を
作って使います。

ものぐさですみません。

 

カッテージチーズの作り方

 

 

<材料>
カッテージチーズ
牛乳 500ml
酢 大さじ2 (レモン汁などもok)

1 沸騰直前まで温めた牛乳に
酢を加え、分離するまで素早くかき混ぜます。
2 ペーパーを敷いたザルをボウルの上にのせ
1を流し入れ、固形物の水気を絞ると
カッテージチーズの完成です。

…簡単すぎる。
次の日がカレーの日であれば
重石をして水分を抜いて
パニールを是非作って
みてください。

またカッテージチーズは
酢の代わりに果汁で作ると
爽やかな風味が出て
良い感じになります。
こちらはお好みで。

では本題のパラクパニールを
作ってみましょう。

 

パラクパニール(インド風ほうれん草とチーズのカレー)

 

 

<材料>4人分

茹でほうれん草 2束(500g)(塩茹でして5cm幅にカット)

■玉ねぎトマトピュレ
玉ねぎ 1個(200g)(みじん切り)
トマト 1個(150g)(ざく切り)

House特選本香り<生にんにく> 大さじ1
House特選本香り<生しょうが> 小さじ1
GABANカルダモン<ホール> 3個(ハサミで割れ目を入れておく)
House鷹の爪<袋入り> 1本(半分に割ってタネをとっておく)
サラダ油 大さじ2バター 大さじ1

■スパイス類
A   GABANクミン 小さじ1
A GABANコリアンダー 小さじ1
A GABANカルダモン<パウダー> 小さじ1/4
A GABANレッドペパー<パウダー> 小さじ1/8
A 塩 小さじ1
A 胡椒 小さじ1/8

カッテージチーズ 100g

<下準備>

・ほうれん草を塩茹でして
急冷して5cm幅にカットしておく。

<作り方>

1 茹でたほうれん草をブレンダーで
ほうれんそうピュレにする。

2 鍋にサラダ油、生にんにく、生しょうが
クミン<ホール>、唐辛子を入れ
弱火で香りを出す。

バターと玉ねぎを追加して中火で炒め
玉ねぎが透き通ったらトマトを追加して
全体に火が通ったら止める。

3 粗熱をとったらブレンダーで
玉ねぎトマトピューレを作る。

4 3を鍋に戻し、スパイス類Aを入れ
中火にかける。
突沸しないように混ぜながら
スパイスを加熱する。

5 1のほうれんそうピュレと
カッテージチーズ半量を入れ、水分を飛ばし
最後に塩、胡椒、スパイスで味をととのえる。

6 器に盛り付け、残りの
カッテージチーズを散らして完成。

 

 

すっごくまろやか
ほうれん草カレー!
でもスパイシー(*´∇`*)

実は辛いものが
少々苦手な私。

パラクパニールは
学生時代に行った
インドカレー専門店で
一番辛くないカレーは
どれですか?と聞いて
食べた思い出のカレー。

専門店のような味に
なることは難しいかもしれませんが
GABANのスパイスを使って自宅で
本格的なカレーが作れるのは
嬉しいことですね。

 

最後に

 

スパイスカレー初心者の方
また辛いものがちょっと苦手とか
ほうれん草が大好きな方。
是非パラクパニールに
トライしてみてください。
一般的な茶色のルーのカレーとは
全く違った世界が見えますよ♪

 

Atelier Platine
Tomo

こちらも読まれています

手軽で本格的!サテトムでベトナム風焼きそば

最近サテトムの虜w

簡単前菜!ビネ果を使って金柑とモッツアレラのマリネ

こんな可愛いフィンガーフードが
ビネ果さえあれば味付けに
間違いがなーい(*´∇`*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。