<スパイスアンバサダー>圧力鍋で!スペアリブとビーツのスパイス煮込み

ご訪問ありがとうございます。

野菜ソムリエプロの
簡単おもてなし料理教室
Atelier Platine主宰
Tomoです

今回はスパイスアンバサダー
としての投稿です。

レシピブログの
「暑い夏をスパイスを使った
『料理&ドリンク』で楽しもう♪」
レシピモニター参加中です。

夏を楽しむ料理&ドリンクレシピ

スパイスを使った簡単レシピ&ドリンク

 

毎回、モニタープレゼントされた
「スパイス」を使ってテーマに沿った
レシピをアップしています。

こういうのがないとちゃんと
ブログを書かないわけですよ。
それも今回も夏休み最後に
慌ててブログに書く私。

さて前回は
牛ブロック肉醤油煮 カルダモンとクローブの香りと共に

 

なんという暑くるしい調理法で
作ったのでしょう!
でも食べると爽やか!

この夏はこんなスッとする
お料理が多かったですね。

今回ももっと暑苦しいけれど
放置プレイの圧力鍋で作った
スパイス料理のご紹介です。

 

圧力鍋で!スペアリブとビーツのスパイス煮込み

 

<材料>

スペアリブ 500g
ビーツ 小1
玉ねぎ 1個
セロリ 10cm

A にんにく 1片
A しょうが 1片
A GABANローリエ 1枚
A GABANkカルダモン(ホール) 2粒
A GABANクローブ(ホール) 2粒

塩・黒こしょう 適量
米油 小さじ2
水 500ml

<下準備>

・スペアリブはうす塩をして室温に戻しておく。
水分が出たらペーパーで拭きとる。

・玉ねぎはくし形に切る。

・セロリは筋を取り、1cm幅にスライス。

・ビーツは皮をむき、アルミホイルで包む。

<作り方>

1 圧力鍋に米油を熱し豚肉に焼き色をつける。

 

玉ねぎとセロリを加え、油がまわったら
水とAを入れ、アルミで巻いたビーツを
入れて蓋をセットする。

ビーツの形を残しておきたくて。
アルミに巻かずにビーツを
トロトロにしても美味しいですよ。

 

2 蒸気が出るまで強火で。
圧力鍋のピンが上がったら弱火で20分加圧。

 

3 ピンが下がったら蓋を開けて
アルミで巻いたビーツを取り出し

食べやすい大きさにカットして鍋に戻す。
煮汁を煮詰め、味を調えて
器に盛り付けて完成。

<ポイント>
ビーツの形を残さずボルシチのように
真っ赤にしたい場合は
アルミに巻かず、初めにカットして
圧力をかけてください。

 

今回のスパイスご紹介

 

 

GABANカルダモン(ホール)

清涼感のある芳香、ピリッとした
辛みとほろ苦さをもっています。
独特の風味は、フランス料理というより
エスニック料理向きでしょうか。
サフラン、バニラなどに次いで
高価なスパイスでもあります。

 

GABANクローブ(ホール)

バニラに似た一種の甘さも感じさせながら
刺激的で、さわやか…。その独特の香りは
スパイスの中でもっとも強く、肉のくさみを抑えます。
また香りの強さ故でしょうか、中世の西欧では
魔除けとしても使われていました。

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?
実は今回の煮込みの味付けは
塩、胡椒、そしてスパイスのみ!

このスパイスがあるだけで
肉の臭みや
ビーツの泥臭さが
一気に変わります。

是非お試しくださいね。

 

Atelier Platine
Tomomi

 

こちらも読まれています

バジルと鶏胸肉のアジアンサラダ

ロングペパーの力を楽しんでください。

 

シナモン香る!大人の紫蘇ジュース

一気に味も香りも深みを増します♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。