簡単ヘルシー!ジャガイモとズッキーニのサブジ

ご訪問ありがとうございます。

野菜ソムリエプロの
簡単おもてなし料理教室
Atelier Platine主宰
Tomomiです

 

この数年、夏が暑すぎる。
とにかく暑すぎる。
しかし、洗濯物がよく乾く。

海に行きたい。
プールに行きたい。
ああー旅行に行きたい。
その前に…自然の中で空気が吸いたい。

友達に会いたい。
ワイワイしたい。

こんなに自分が「〜したい」
という気持ちに支配されるとは。

2年前ならこれが希望ではなく
普通の生活だったのにね。

でも、変わらないのは
「自分で作るごはん」

特にこのコロナ禍で進化した
わけでもないけれど
このようなお題が出ると
久しぶりにこれ作ろう!とか思えるから
参加してよかったと思う企画。

 

レシピブログの「夏に食べたい、世界のスパイスごはん」

 

今年度は「スパイスアンバサダー」として活動。

世界のスパイスごはんレシピ食卓で旅気分を楽しもう!夏に食べたい、世界のスパイスごはん<スパイシー・辛味編>

 

「ハウス食品×レシピブログ」のモニターコラボ
広告企画に参加しております。

 

 

こちらのスパイスをモニター
プレゼントされました。

暑い夏には特に大活躍です!
ありがとうございます。

今回はこちらのスパイス3種類を使って
副菜をご紹介いたします。

 

サブジとは?

 

サブジという言葉を
聞いたことがありますか?

サブジはインド料理で
蒸し煮料理のことを指します。
お肉などを使っていないので
ヴィーガンとしても人気の料理です。

 

 

初めて本格的なインド料理を食べたのは
小学生の時でした。
近所にインド人のご夫妻が経営する
インド料理店が出来たのです。
それはもうカルチャーショック!!!

 

 

今までの「白いご飯に茶色のドロドロのルー
にんじん、じゃがいも、玉ねぎ、お肉が
煮込まれているものがカレー」
という概念を一気に覆したお店でした。

そのお店では濃い緑色のカレーや
水っぽいサラサラしたカレー
カレー以外にもみたことのない副菜や
飲み物がたくさんありました。
多分、ナンとの出会いも
そのお店だったかも。

お店の器も以前の学校給食と同じ
アルミみたいなものを使っていて
これはオシャレなのか?
逆に学校給食の器がオシャレなの?と
びっくりした記憶があります。

今、考えると学校給食の
あの器ってcoolだ!と思ったり。

もちろん、スパイスの種類にも
大変驚きました。

 

母親が使っている「カレー粉」
みたいなものがない!
でもカレー粉の素の素材がたくさんある!

辛いし、初めての香りだし
お香もお仏壇のお線香の香りと
違うし(笑)

お店に飾ってある置物も
テレビで見たことが
あるものばかり。

小学校低学年生にはとても
「刺激」の強かったお店でした。

デパートでも置いていない
アクセサリーとか
レジ横で売っているし。
小学生女子は気になる気になるw

お料理の話に戻って…

そのお店のメニューの中で
1番のお気に入りは「サブジ」でした。

辛いものが苦手な私でも
食べられる蒸し煮料理。

スパイスを使っているけれど
そんなに辛くない。

初めての香りがたくさんする!
食材はいつも見るものなのに…。

 

数年前に一年間インドに出張していた
従兄弟が話していたこと。

毎日3食カレーとなんかの副菜だったと。
ランチはお弁当みたいなものが
宿泊先から時間になると
オフィスに届くシステムだったらしいのですが
同じカレーや副菜が出たことが一度も
なかったから飽きることはなかった。
インド料理は無限だよ!
と感動していました。

いつかインドに行ってみたいと
思っていたけれど…
なかなか難しい世の中に
なってしまいました。

今回は幼い頃の思い出料理
「サブジ」をご紹介したいと思います。

 

簡単ヘルシー!ジャガイモとズッキーニのサブジ

 

 

【材料】2人分

じゃがいも 1個 (200g)
ズッキーニ 2本 (300g)
米油 大さじ2
塩 小さじ1/2
A
クミンパウダー 小さじ1/4
コリアンダーパウダー 小さじ1/2
ターメリックパウダー 小さじ1/4

【作り方】

1 じゃがいもとズッキーニは、2-3cmの角切りにする。

2 フライパンに米油を熱し、じゃがいも、ズッキーニ、塩を加える。
全体に油がまわったら、Aのスパイスを入れ、混ぜ合わせるように炒める。

3 フタをして、弱火で5-10分程、具材に火が通るまで蒸し焼きにする。

あっという間に完成!

当時の記憶では
「冷蔵庫に残ったお野菜で
作るといいよ」とお店の方に
教えてもらったイメージが。

だから毎回サブジの食材が
違っていたんだろうなぁと
勝手に人の冷蔵庫事情まで
その時に思ったものでした。

…お店だからちゃんと仕入れを
しているのにね。
小学生ってかわいいw

記憶だと
ジャガイモ、なす
冬はカリフラワーが
多かった気がします。

そして今回のスパイスは
こちら!

クミン
コリアンダー
ターメリック

意外にこの3種類を使うことが
増えてきたかも。
以前、クミンはなかなか難しい
スパイスの一つだったのですが
最近のお気に入りです。

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

今回は「世界の〜」というより
「近所のお店の思い出料理」という
感じになってしまいました。

当時の私にとって
そのお店がインドそのものであり
近所なのにちょっと海外に行った
気分になる外食でしたね。

皆様もそういうお店が
ありますか?

次はまたそのお店で食べた
インド料理のご紹介です。
(やはり私にとっての海外だw)

Atelier Platine
Tomomi

こちらの記事も読まれています。

スパイスさえあれば簡単で本格的!チキンオーバーライス 
最近、こういう系の料理が多いかも。

ハーブ香るパプリカの肉詰め
こちらも絶品!
肉汁を閉じ込めてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。