ハーブ香るパプリカの肉詰め

ご訪問ありがとうございます。

野菜ソムリエプロの
簡単おもてなし料理教室
Atelier Platine主宰
Tomomiです。

【レシピブログの「スパイスを使って
世界の朝ごはんを作ろう!」
レシピモニター参加中】

です。

こちらのスパイスをメインに
スパイスアンバサダー2021として
世界の朝ごはんを作っていきます。

そして今日はこちら!

パプリカの肉詰め♡

こんな立派なパプリカが
手に入ったら
どうしてもしたくなる肉詰め。

今回のレシピは
蓋つきバージョンです。

 

 

ハーブ香るパプリカの肉詰めオーブン焼き

 

<材料>2人分

パプリカ 2個
溶けるチーズ 50g

肉ダネ
合挽き肉 200g
玉ねぎみじん切り 100g
溶き卵 1/2個
塩・胡椒 少々
A パン粉 15g
ドライバジル 小さじ2
ドライタイム 小さじ1/2
牛乳 大さじ3

<下準備>
・玉ねぎのみじん切りをレンジ(500w)で
30秒ほど加熱して粗熱を取っておく。
・オーブンを180度に予熱しておく。
・Aを浸しておく。

<作り方>

1 パプリカの頭の部分を横にカットしてヘタを蓋のようにする。種とワタを取り、中をきれいにする。

2 肉ダネの材料をよく混ぜる。コツはポイントに。肉ダネをだいたい4等分にする。

3 パプリカの中に1/4の肉ダネ→チーズ25g→1/4の肉ダネを入れる。もう一つも同じように詰める。

4 予熱したオーブンに3と1のヘタを一緒に入れ、180℃で30分加熱する。

5 串で真ん中に火が通っているのを確認したら完成。

<ポイント>
・もし余力があったら、材料もボウルも全て
冷やしておいてボウルを2重にして
氷に当てながら最初に挽き肉と塩を混ぜる。
粘りが出てきたら、他の材料を入れて肉ダネを作りましょう。
お肉がジューシーに仕上がりますよ。

・必ず全体に火が通っていることを
確認して食してください。
加熱時間は目安です。

 

お料理の思い出

 

このお料理は結婚したばかりの頃
主人のお友達の奥様に教えて頂いた
懐かしいお料理です。

イタリアに新婚旅行に行かれたそうで
シンプルだけれど美味しかったのよー!
と、私たちに作ってくださいました。

当時(25年前)はパプリカがまだ珍しく
レストランでしかお目にかかったことがない食材。

カラーピーマンとパプリカの違いも
まだイマイチ理解出来ていない時代。

まさか普通の家庭料理で出て来るなんて!と
とても驚いた記憶があります。

今のなっては普通の食材。
そういうのって意外にありますよね♪

そして今回使ったスパイスはこちら!

バジル!

フレッシュは夏だから
(我が家のベランダ事情)
他の時期にはこちらの
GABANシリーズが
ストックされていると
とても気楽にバジルを使った
お料理が出来るわけです。

またパプリカ、チーズとバジルの組み合わせは
完全にイタリアンな感じですよね(安易w)
…色もかわいいし♪
パプリカがかわいい!

もちろんピーマンでも簡単に出来ますよ。
ぜひお試しください。

Atelier Platine
Tommi

こちらの記事も読まれています。

簡単!スパイスを使って肉骨茶/パクテー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。