おくらネバネバ生春巻き

ご訪問ありがとうございます。

野菜ソムリエプロの
簡単おもてなし料理教室
Atelier Platine主宰
Tomoです

 

JA鹿児島県経済連様より
ツヤツヤのオクラが届きました。

 

 

美しい〜✨

本日は今が旬!鹿児島県産「オクラ」と共に
同じく鹿児島県産のにんじんを
使ったお料理のご紹介です。

 

こちらは指宿の圃場の写真
こんな青空の中育つオクラは
味が濃い感じがしますね。

 

レシピご紹介の前に
オクラの栄養豆知識です。

 

オクラの栄養

 

独特のネバネバとした成分は
主にガラクタンやアラバン
ペクチンなどの食物繊維です。

ペクチンは整腸作用を促し
便秘や下痢を予防して
大腸ガンのリスクを減らす効果が
あると言われています。

また、オクラには抗発ガン作用や
免疫賦活作用があるとされる
βカロテンが、レタスの3倍以上も
含まれているそうです。

断面萌えが半端ない!
輪切りの星形もかわいいけれど
縦割りも斜め切りのお顔も
Kawaii💕

さてそんな栄養いっぱいの
ネバネバのオクラ。

まずは生春巻きでいただいてみました。

 

食感を楽しむ!オクラネバシャキ生春巻き

 

 

<材料>2人分

ライスペーパー 2枚
オクラ 8本
にんじん 5cm (千切り)
鶏胸肉 60g
日本酒 小さじ1

■ごまだれ
白ねりごま 大さじ1
しょうゆ 小さじ2
酢 小さじ1
砂糖 小さじ1/2
白胡麻 小さじ1/4
ごま油 小さじ1/4

<下準備>

オクラ:小さじ1の塩(分量外)で板ずりをして
中火で1分半ほど茹でる。

ザルにあげ急冷し,鮮やかな緑色にする。

がくを落とし、6本はそのまま
2本は輪切りにしてにんじんに混ぜる。

にんじん:千切りにした後、オクラの輪切りを混ぜ
塩、胡麻油少々(分量外)をあえておく。

鶏肉:日本酒をふった鶏肉を耐熱皿に置き
ふんわりラップをして700wで3−5分加熱。
(様子を見ながら)
火が完全に通ったことを確認して
粗熱が取れたら、食べやすく割く。

ごまだれの材料を合わせておく。

<作り方>

1 カッティングボードの上に
水にくぐらせたライスペーパーを広げる。

2 中心より手前でオクラ3本
千切りにんじん、鶏肉を並べる。

3 ライスペーパーの手前を持ち上げ
具にかぶせ、サイドを中に折り
一気に巻き上げる。

4 中心を斜めに切り、器に盛り付け
合わせたごまだれを添えて提供する。

<ポイント>

・にんじんにオクラを和えたのは
にんじんをまとまりやすくするためです。

・調子に乗って具材を多くして
さらに調子に乗って春巻きを立てて
写真を長々と撮っていると
どんどん広がってくるので
なるべく早く食べてしまいましょうw

・具材にまとまりがない分
それぞれの素材の食感の違いが
わかります。
オクラのネバネバ
にんじんのシャキシャキ
鶏肉のジューシー
生春巻きのモチモチ感を
楽しんでくださいね。

夏らしいコーディネートで♪

 

Atelier Platine
Tomo

こちらの記事も読まれています

香りも彩りも豊か!簡単チキンココナッツカレー

パラクパニール(インド風ほうれん草とチーズのカレー)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。